新聞配達系オシゴトの総合ポータルサイト!

新聞配達求人情報サイトNEWS > 新聞配達とは?

新聞配達とは? JOB SEARCH

  • 新聞販売店での仕事は、各家庭に新聞を配達する仕事が主な業務となります。他に集金、営業の仕事があり、また、折り込み作業や電話対応等の仕事もあります。最も多く募集しているのが、「配達・集金・営業」を行なう「専業」といわれる職種ですが、やってから合わないときでも、適材適所の仕事がありますので、安心です。今までは住み込み可能な職業として、地方出身の方や住まい重視の方の面接者が多かったですが、最近の新聞販売店ではスタッフの入れ替えや底上げに力を注いでいる所が多くなってきました。短期、中期の目標設定がしっかりしている方や、仕事に対してやりがいを感じてくれるような方の雇用が多くなってきたように感じます。正社員雇用でこれらの高い待遇・評価・給与面は難しいといわれているこの世の中、ご本人がこの仕事をどう捉えるかが大切だと思います。

「専業」と言われる職種とは?

新聞販売店にとって最も重要な職種です。1つの新聞店で約3000件を10区域位に分けています。一人が担当する部数が約300件でそれに対して「配達・集金・営業」の3業務を行う方を「専業」といいます。中には「配達・集金」 「配達・営業」と2業務のところもあります。得意/不得意により対応が可能な場合もありますので、ご相談ください。正社員としての就業が主であり、昇進や独立を目指すことが可能です。
給料体系は、主に配達業務が固定給で、集金と営業は手当や歩合給として支給されるのが基本となります。以前は新規獲得を主に営業活動をしていましたが、現在は契約継続が基本で歩合給が発生し、頑張れば高収入を狙う事ができます。

「営業」だけの場合は?

新聞購読の継続や新規の契約を取ることだけを、専門に行う仕事です。新聞販売店の社員の場合とセールス会社の社員の場合があります。どちらにしても固定給が低めに設定されているか完全歩合制での就業となることが一般的です。話し上手だから契約が取れる訳ではありません。最も重要視されるのは、挨拶と真心です。

 

「配達」だけの場合は?

朝夕刊配達、朝刊配達のみと夕刊配達のみの仕事があります。朝夕刊配達は、正社員で採用される場合とアルバイトの場合があります。朝夕刊配達は1日2回拘束されるので、他の仕事や学業と掛け持ちするのは難しいかもしれません。
地元の方がほとんどで、朝刊のみであれば早朝には仕事が終わるので、副業で働きたい人、学生さん等に合っているのかもしれません。朝刊で約3時間、夕刊の場合は2時間位となっております。雨や雪、または台風の日は大変です。

「集金」だけの場合は?

家に居なかったり、時間が合わずに、なかなか集金できない家庭もありますが、一定期間の間に、担当区域の集金を終わらせなくてはいけません。その為、専業の場合は手当や歩合として、頑張った人には収入で対応する体制になっています。
日々の業務を普通にこなしていれば集金できないという事はありません。、また、集金という職種は、地元の主婦層がパートとして、勤務していることがあります。

勤務時間について

店舗によって様々なのですが、新聞が届く時間は、おおよそ朝刊で午前1時から3時、夕刊で午後1時から3時位で毎日定時に運ばれます。なので、おおよその時間帯はほぼ決まっているのですが、店舗ごとに何をいつするかによって時間帯が多少ずれてきます。以下はその一例となります。

配達仕事のスケジュール

朝刊と夕刊の配達時刻が決まっているので、自由な時間が二つに分かれる事になりますが、慣れて来ると使い勝手の良いサイクルであったり、通常みんなが仕事している時間に休憩が取れたりして、使い方次第で有意義に時間を作ることができます。

給与はどれくらいもらえるの?

基本的に25万円前後となります。給料支払い時は、家賃・光熱費・所得税・保険等を引いて払う販売店が多く、手取りは全額使えます。更新及び契約料を日払いや週払いでもらえるお店もあります。
また、新聞配達という職種なので、固定給が15万円位で、いろいろな手当がつくことで、25万円前後になるというお店もあります。この場合は、「配達だけ」という職種があるので、このような体系になっているのです。

寮について

販売店に付属している個室寮と、独立して借りているアパートやマンションとがあります。現在は販売店に付属の寮もだんだん減ってきました。また、新しくした販売店などに付属する寮は近所のアパートよりも数倍きれいで住みやすくなっております。
また、現在主流となっているアパートやマンションの寮は部屋単位で借り上げているのでプライバシーも保たれていて、通常の一人暮らしと何ら変わらぬ生活をおくれます。

家賃の補助については、店舗で違ってきます。3万円定額というものから、半分補助しますという店舗など、店舗によって違いがあるので確認が必要です。また、就職先が、東京都心部なのか、郊外なのかという条件によって、地価が影響してくるでしょう。都心部に近くなれば、アクセスが便利になって充実した都会ライフを満喫できますが、家賃補助を受けても割高になる場合もありますし、逆に郊外の就職で、3万円程度で奇麗な2LDKに住む事ができることなどの、メリットが発生します。いずれもよく考え、比較検討しての就職が必要になります。

この仕事はいろんな年齢、性別、出身の方がいます

新聞配達という仕事は、地元の人より地方の人が多かったりします。それは寮など福利厚生が整っているからといえそうです。年齢もまちまちで、年を取った方でも安心して働けます。また、母子家庭の方や女性が活躍していることも特徴です。面倒見のよい経営者や、先輩。独立を目指しての挑戦も可能です。

みんな、だれでも未経験です。

所長である経営者や先輩が親身に指導してくれます。最初は慣れませんが約1~3ヶ月くらいで一人前にこなせるようになります。経験をつめば、それほど苦にならない業務です。だれもが最初はみんな未経験です。

更新情報 WHAT'S NEW ?

ページの先頭へ